熱中症対策!毎年全国60000人近くの救急搬送者が・・・

2017年05月26日

こんにちは!成竹鍼灸整骨院の石本です。

今回のテーマは「熱中症」です。

今年もまた暑い夏がやってきます。すでにこの時期から気温が上昇し、

先日も30度を超える夏日もありましたね(>_<)

早めの対策で今年の夏も乗り切っていきましょう!

 

~ 熱中症の症状 ~

自覚症状としては、頭痛めまい吐き気立ちくらみ倦怠感などがあげられます。

また、暑い場所にいるにもかかわらず全く汗をかかなくなったり、皮膚が乾燥したり、

触るととても熱をもっていたりしたら危険信号です。もうろうとして、呼びかけに

反応がなかったり、応答が異常であるといった意識の障害がでることもあります。

 

熱中症の重症度は、「具体的な治療の必要性」の観点から、



に分類できます。特に、「意識がない」などの脳症状の疑いがある場合は、

全てⅢ度(重症)で、絶対に見逃さないようにすることが重要です。

<Ⅰ度>

<Ⅱ度>

<Ⅲ度>

Ⅲ度の症状を感じたら水や氷で冷やし、

無理はせずに救急隊への要請を考えましょう。

 

~ 予防と対策 ~

(1)涼しい場所に移し、衣服をゆるめてリラックスさせる

建物が近くにない場合には日陰で休ませましょう。

建物が近くにあればエアコンの効いた部屋で休ませましょう。

 

(2)首筋、脇の下、脚の付け根を(冷たいペットボトルなどを使って)冷やす

脈拍のとれる位置は血管が皮膚に近いため、そこを冷やすと、

冷却された血液が全身を巡ることで、クールダウンします。

 

(3)顔が赤いときは頭を高く、青白ければ足を高くして寝かせる

 

(4)意識があり、嘔吐がなければ水分補給させる

水分だけでなく塩分などの電解質も失われていると考えられますので、

水に塩分などの電解質と糖とがバランスよく配合された経口補水液を利用しましょう。

スポーツドリンクがおススメです!

熱中症

 

(5)皮膚が熱ければ、風を送ったり熱い部分にぬれタオルを当てる

 

(6)皮膚が冷たければぬれタオルをしぼり、冷たい部分をマッサージ

 

(7)意識がなかったり、急に体温が上がったらすぐ救急車を呼ぶ

 

猫 熱中症

日ごろから体調管理もしっかり行っていきましょう。

*寝不足 *食生活の乱れ *二日酔い 

*体調が優れない *朝食を食べない *食欲がない

思い当たる節があるようでしたら、より一層気を付けていかなければなりませんね。

当院でも鍼灸治療をはじめ、体調不良や睡眠不足を良くすることで、

熱中症になりにくいような身体を調節していく治療も行っています。

興味のある方はお気軽にご連絡ください★