日焼けのメリットとは!?

2017年08月22日

皆さんこんにちは!

成竹塩浜整骨院の佐藤です!

 

本日のテーマは今の時期にぴったりの「日焼け」の

メリットを説明いたします!

 

日焼けするメリットとは何か

 

近年の日本は超美白ブーム!
中には「日焼け=悪」のように捉えている人も多いようです。。。

はたして、「日焼けすること」「太陽の光を浴びること」「日光浴をすること」は本当に悪いことなのでしょうか?

いやいや!
調べてみると、日焼けによる良いこと・メリット・効果はめちゃくちゃ凄いことがわかりましたっ!!

 

メリット① ストレスの解消

日焼けするメリット1はストレス解消

紫外線を浴びることで、気分を安定させるセロトニンが生成されます。

このセロトニンとは、うつ病の人が不足しがちだとされる神経伝達物質のひとつです。
セロトニンは感情に関する情報を管理し、整える働きをします。

なので、うつ病の治療や予防やストレス解消に効果的と言われています。

 

メリット② 体内時計調節(不眠対策)

日焼けするメリット2は体内時計の調整

紫外線を浴びることで、交感神経が刺激されて脳が覚醒します。
夜更かしや時差ボケなどでズレてしまった体内時計を直してくれます。

とくに朝日を浴びることが重要と言われています。

 

メリット③ 骨が丈夫になる

日焼けするメリット3は骨が丈夫になる

紫外線を浴びることで、ビタミンDが生成されます。このビタミンDは骨の密度を形成してくれます。

つまり、日焼けすることで骨を丈夫にする手助けをしてくれます。

 

メリット④ 免疫機能強化

日焼けするメリット4は免疫機能強化

紫外線を浴びることで、ビタミンDが生成されます。
このビタミンDによってが免疫細胞のひとつであるT細胞を皮膚に引き付け、皮膚のダメージを回復させ、病原体をブロックする機能を高めます。

つまり、紫外線を全く浴びないと免疫力が低下してしまうのです。
また、紫外線には殺菌効果もあると言われており、布団を日向に干す理由もその1つです。

 

メリット⑤ 血圧値・血糖値の低下

日焼けするメリット6は血圧値血糖値の低下

紫外線を浴びると血液中の一酸化窒素が増え、血管が拡張します。
血管が拡張したことによって、血流が盛んになり、血圧が下がると言われています。

また、紫外線によって生成されたビタミンDがすい臓のインスリン分泌能力を高める作用があるため、血糖値を下げる働きもあります。

 

この夏健康な身体作りには日焼けも大切ですね!

参考にしてみてください!