湿布の正しい使用法!

2017年06月15日

皆さんこんにちは!成竹塩浜鍼灸整骨院の佐藤です!

 

本日のテーマは皆さんも馴染みのある「湿布」についてです!
知っておくと役に立つ湿布の情報をお届けします!

 

湿布 に対する画像結果

 

★湿布とは主にこんな症状に用いります★
・筋肉の緊張を和らげる
・打撲・捻挫・関節炎の痛みを和らげる

 

※根本的な痛みを取り除くのではなく
感覚を麻痺させ痛みを感じにくくしているのです。

 

 

Q.冷たい湿布と温かい湿布は何が違うの?

 

・ぶつけた
・ひねった
・腫れている
・熱っぽい
のような急性期の症状には冷感がオススメです!

 

急性期 筋肉 に対する画像結果

 

一方、急性期を過ぎた
・慢性的な痛み
・筋肉の凝り
には温感がオススメです!

 

※迷った場合は楽になる方、痛みが和らぐ方で大丈夫です。

 

 

Q.効果時間はどのくらいなの?

 

約3〜4時間程度が望ましいです。
※それ以上の時間はかぶれの原因や内臓への負担になります。
同様に貼りすぎや長期間貼ることも注意です。

 

 

Q.湿布が剥がれやすい原因とは?

 

・ズボンの下でいつの間にか剥がれてしまう
・朝起きると湿布が丸まっている
などの悩みが多いと思います。

 

湿布は大きく2つに分けられます。

 

・白い厚めのタイプ(パップ剤)

 

湿布パップ剤

 

 

 

 

 

 

 

・肌色のテープタイプ(テープ剤)

 

湿布テープ剤

 

 

 

 

 

 

白い厚めの湿布が剥がれやすく、テープ状の湿布が剥がれにくいです。
どちらが効くの?と疑問に思いますが実際どちらでも同じ効力になります。

 

★剥がれる原因★

 

・汗をかく
・関節などの動きの多い部位
・貼り直したりする
・製品が古い(時間が経ってると粘着力も落ちる為)

 

 

Q.剥がれにくい貼り方はありますか?

 

 

・湿布固定用のシートを使う

 

シップ固定シート に対する画像結果

 

 
・湿布に切れ目を入れる

 

膝に貼る場合

湿布 切れ目 に対する画像結果

 

 

貼りづらい親指に貼る場合

 

湿布 切れ目 に対する画像結果

 

湿布 切れ目 に対する画像結果

 

 

様々な部位で使い分けてみてください!

 

 

Q.市販の湿布と病院などで処方される湿布は何が違うの?

 

実は基本的に同じなんです!
※個人差で効き方の違いはございます。

 

また、プラシーボ効果という効果もあると言われてます。
プラシーボ効果・・・思い込みで効いてしまうこと

 

 

湿布は様々な種類や効果がありますがそのほとんどが
同じということが分かりましたね。

 

是非その中でも自分に適した湿布を使用してみてください。
改善が見られない方、当院へご相談ください。