交通事故(自賠責保険)

交通事故(自賠責保険)

交通事故をおこしたすぐは、興奮状態になっている場合が多く、あまり痛みを感じていない場合があります。交通事故による痛みは「そのうち治るだろう」などと放っておくと、後々、後遺症として辛い思いをすることになるかもしれません。そうならない為にも正しい治療を早めに始める事が必要となります。事故後「頚・腰部等の痛み、頭痛、吐き気、めまい、手足のしびれ、こり、重だるさ、違和感」などありましたら、当院までお気軽にご相談ください。
また、交通事故はケガだけではありません相手との人間関係や賠償問題、保険関係などいろんな問題が出てきます。交通事故にはある程度の知識も必要となってきますので、もし、事故に遭われたら、まずはご相談ください。

事故に遭った場合、現場ですること。

・事故相手の車種・ナンバーを確認し、メモをしておく。
・警察に連絡して、事故の場所や状況、名前などを告げる。
・相手の免許証、名前、電話番号を確認する。また、相手にも告げる。
・ケガなどないか確認し、ケガがある場合は状況次第で救急車を呼ぶ。
・交通量が多い道路などの場合は交通の妨げになるので、車の移動をする。
・保険会社へ連絡。

交通事故(自賠責保険)の手続き

交通事故に遭ってしまい、事故現場での現場検証など滞りなく終れば、次は自賠責保険などの手続きがございます。保険会社との対応やアドバイスなどありましたら遠慮なく当院へご相談ください。また、相手が無保険車や当て逃げされた場合も当院にご相談ください。

交通事故の治療費は?

交通事故の場合、自賠責保険により治療費がまかなわれますので患者さまの窓口負担は無料(0円)です。

むち打ち(頚部捻挫)

交通事故に遭って最も発生率の高い「むち打ち」は外傷性頸部症候群(頸部捻挫)とも言われ、強い衝撃により頭部がムチを振り回したような状態になるため「むち打ち」と呼ばれます。通常の首の可動域以上の動きを強いられ、筋肉・靭帯を傷めてしまい、それによって様々な症状が出る疾患です。
交通事故によるケガや疾患は、後遺症が最も恐ろしく、延々と長引く痛みや生活を困難にするケガなどの場合は、ストレスなども溜まり精神的苦痛により新たな病気を併発するケースもございます。何にせよ早期治療が基本となりますので、早めにご相談ください。

むち打ちの症状と治療

症状としては、首・肩の痛み、首から背中にかけて突っ張るような痛み、また、頭痛や吐き気、めまいなどもおこす場合があります。
治療としましては、痛みの原因究明、痛みが何から来るか・・原因がわかれば、その改善。マッサージ・物理療法により痛みを和らげて、崩れた身体のバランスを修正して元の状態に戻していきます。

受診の流れ