診療内容

柔整保険

健康保険で受けられます。
次の損傷については柔整で健康保険がうけられます。

1骨折 強い力が加わって骨が部分か全体的に折れた状態
2脱臼 関節の骨が正常位置から外れた状態
3打撲/打ち身 強い力が加わった筋肉の怪我 
4捻挫 不自然な形に関節を捻り、靭帯・腱・軟骨の怪我
5挫傷 外力によってぶつかった際に深部の筋肉が痛む 肉離れなど

その他これらに類似する損傷など患者さまの流れを説明します。

  • 1先ず、当院に自身の症状を教えてください
  • 2当院で検査・説明・評価をうけて頂きます。
  • 3患者さまが伝えている症状が保険適応だと判断した場合には保険証をお預かりします。
  • 4治療方針と内容を説明いたします。
  • 5治療の後に療養費申請書にサインを頂きます。
注意事項

柔整の保険適応につきましては、次の事項にご留意下さい。

1単なる慰安目的での人は保険対象になりません。
2脳疾患後遺症などの改善のみられない長期施術によるもの
3他の医療機関で負傷等を今後も継続治療するもの
4内科的な原因によるもの


治療の流れ

鍼灸保険

健康保険で受けられます。
次の病気については鍼灸で健康保険がうけられます。

1神経痛 
2リウマチ
3腰痛症
4五十肩
5頸腕症候群
6頸椎捻挫後遺症 

その他これらに類似する疾患など

患者さまの流れを説明します。

  • 1先ず、当院に自身の症状を教えてください
  • 2当院で検査・説明・試しをうけて頂きます。
  • 3患者さまが治療内容に納得して頂いて、さらに保険適応にしたい場合には同意書をお渡しします。
  • 4同意書をかかりつ医に持参の上、必要事項に記載して頂いて下さい。
  • 5記入済の同意書と保険証を当院へ持参していただければ保険適応になります。
注意事項

鍼灸の保険適応につきましては、次の事項にご留意下さい。

1その病気は、先に医師の治療を受けていること
2保険で鍼灸を受けている期間、その病気についてのみ医院、病院にかかれません。他の病気の治療は受けられます
3同意書を書いて頂く医師は日頃かかりつけの先生が良いです
4最初に医師の同意を受けてから、それ以後は3ヶ月毎に再度、同意が必要です。但し、再度の同意は同意書に記入してもらう必要は無く口頭で結構です
5保険の種類によっては、取り扱いが出来なかったり、患者さま本人が手続きをしなければならないものもありますので当院へお問い合わせ下さい。

  • 初診は自費(お試し価格)
  • 保険適応なら、患者さまへ説明をして保険なら◯◯ 自費通常価格なら◯◯
  • 患者さまが選択をする

2回目以降
同意書を渡された日から、保険価格になります。

鍼灸(自由診療)

当院の鍼の特徴です。
◎思った程、痛くない鍼灸
◎髪の毛ぐらいの細い鍼を使用しております。
◎使い捨てのディスポを使用しております。

簡単に鍼の説明をさせて頂きます。

【メリット】
・即効性が期待できる。
・自然治癒能力を促進する事で症状の緩和をします。
・自然治癒能力を高める事で体質改善に繋がる。

【デメリット】
・お灸で皮膚が敏感な方は反応が出る場合があります。
・吸い玉を行った場合、斑点の反応が1週間程残る場合があります。
・倦怠感が起こる場合があります。
・鍼をする際の響きが場所によってあります。

日本では明治から西洋医学を政府が推し進めました。それ以前は東洋医学中心の歴史という事はトータルでも東洋医学の歴史の方が根付いております。

2008年に世界WHOが鍼灸のツボ・名称が統一されて鍼灸治療が世界基準になりました。
2010年に厚生労働省は現代西洋医学による医療と鍼灸をはじめとする東洋医学を合わせて患者さまを治療するという統合医療を推し進める活動を始めております。
これからも、私どもは『東洋医学をもっと身近にする』をコンセプトに患者さまの笑顔に努めていきます。

日本は明治政府の欧米化政策により1874年、日本の医学を西洋医学とする立法が制定され医学の主流を西洋医学に明け渡すこととなりました。東洋医学は内因性の病気には、その特徴を生かし治療効果もそれなりに評価されてきましたが、外因性のもの(外傷)に対しては効果が遅いことが挙げられます。しかし、最近では、公的な医学研究所、医科大学、鍼灸大学や鍼灸短期大学、医療機関等で科学的な各種の実験、研究がされて少しづつ鍼灸医学の効果が証明されてきましたので、日本をはじめとして米国やヨーロッパ各国でも鍼灸が盛んになってきました。

灸頭鍼

鍼の刺激と灸の輻射熱を同時に与えることが可能です。
鍼の刺激ともぐさによる温熱効果との相乗効果を狙った治療法です。もぐさの伝導熱と輻射熱がふんわりと身体に伝わってとても気持ち良い感覚です。この刺激がツボ(経穴)から全身に張り巡らされている経絡を伝わって、いわゆる気の流れを整えます。
灸頭鍼は、捻挫や膝の腫れた炎症を取ることにとても優れています。また、アトピーや花粉症、喘息などのアレルギー疾患に対しても有効です。

鍼灸治療の効果

関節や筋肉の痛み、慢性的な疲れやコリなどマッサージのみだけでは対処できない場合には、鍼・灸による治療を行い、即効性、持続性が期待できます。また、筋肉、神経、ツボを刺激することで筋緊張の緩和、内臓疾患、自然治癒能力の調整や自律神経失調症などの効果に期待できます。
当院の鍼灸治療(自由診療)には、「15分コース」と「30分コース」がございます。詳しい内容はスタッフに聞き、症状にあわせてご相談ください。

労災保険(仕事中のケガ)

仕事中や通勤中のケガ・病気には、会社で加入されている労災保険扱いとなります。
①会社の労災担当の方にこのケガは労災が適用されるか確認を取ります。
②勤務先の労災担当の方に「柔道整復師用」の労災用紙に必要事項を記入していただき、来院時にご提出ください。(当院でも労災用紙をご用意しております)
③治療費は全額支給となり、自己負担はありません。
④来院時には保険証か身分を証明出来る物(免許証等)をご持参ください。

このような方もご相談ください。

・仕事中に負ったケガがなかなか治らない、痛みが改善されない。
・通院中の病院から転院したい。
・労災保険の手続きの仕方が分からない。


マッサージ・ストレッチ

血液の循環が悪くなると肩こりや冷え、疲労など様々な身体のトラブルがあらわれ出します。
マッサージ・ストレッチにはリンパの循環改善や血流の改善が行われ、疲労回復や内臓・神経機能の調整などに効果があります。日常の中にマッサージ・ストレッチを取り入れていくことで身体の循環を正常に保ち、様々な病気の予防に役立ちます。また、年齢とともに可動域が狭くなった関節なども、マッサージ・ストレッチにより、可動域を広げることができますし、そうすることにより、ケガの防止や老化予防にも効果が期待できます。

スポーツをされてる方へ

マッサージ・ストレッチは何も身体の障害や病気をお持ちの方だけに良いわけではありません。毎日スポーツ(部活)をやられているアスリートや学生の方などにも有効です。筋肉の緊張を和らげ、疲労回復に役立ちます。また、大切な試合前のコンディション作りにも効果を発揮いたします。