足首捻挫 スポーツ復帰のタイミングは?

2017年05月16日

皆様こんにちは、こんばんは。東洋堂整骨院の渡邉です。

今回は、前回お話した足首捻挫の続きになります。

 

スポーツをされていて、足首の捻挫をしてしっまた方はどのくらいで

スポーツ復帰していいのか曖昧な方も多いと思います。

痛みが減ってきたからスポーツ復帰しても良いとはなりません。

 

まず足首の捻挫はつま先が下側になった状態での受傷が多いです。

スポーツ復帰するうえでは、下腿を十分に前傾した状態で足首の横への安定性を高めた

状態でのスポーツ動作を獲得する必要があります。

このような動作を獲得できないまま、スポーツ復帰して、再受傷を繰り返すことで

慢性的な足首の不安定性を抱えてい方も多いです。

yjimageW22ERTRC

 

よく言われているのは、捻挫をしてしまうとつま先を上げた状態の時に

足の小指側に荷重がかかってしまいます。小指側荷重でのスポーツ動作は足首の捻挫

を起こす可能性があるので、運動療法では、親指側への荷重指導を行います。

しかし、このような状態のまま、親指側への荷重を強制してしまうと

長母指屈筋という足の筋肉の使い過ぎや短縮が起こってしまいます。

yjimage

小指側への荷重が強い場合は安易に親指への荷重をするのではなく足全体をしっかりと把握しなければいけません。

 

 

今回のお話は少し難しい内容でしたが、なぜ書いたかというと、足首がしっかり治っていない状態でスポーツを続ける事で

先程も書いた通り捻挫を繰り返したり、足根洞症候群という足に強い痛みがでる症状になってしまう可能性があるからです。

 

このコラムでは書ききれていない事も多々ありますし、一人一人によって足の状態や症状も変わってきます。

捻挫からのスポーツ復帰を考えている方は是非当院に連絡お願いします。