どうして足がつってしまうの?

2017年05月11日

皆さんこんにちは!成竹塩浜鍼灸整骨院の佐藤です!

 

皆さんはスポーツをしている時や、立ちっぱなしの仕事中、あるいは夜眠っている時に
突然、足のふくらはぎや足の指がつって激しい痛みにおそわれたことはありませんか?

 

このふくらはぎのつる状態が、いわゆる「こむら返り」といわれる症状です。
こむら返りは一度起こると癖になりやすく悩まされてる人も多いのではないでしょうか。
画像の説明

 

そもそも、なぜ足がつる、こむら返りは起こるのでしょうか?
主な原因としては大きく次の4つがあげられます。

 

ミネラル・水分不足(原因の多くはミネラル不足による筋肉の異常収縮です)
 

 

血行不良・冷え

 

筋疲労(筋肉の収縮と弛緩のバランスを保てなくなる為)

 

運動不足(筋肉が収縮したときに、異常収縮が起こりやすい為)

 

※薬の副作用でも、つりやすくなります!(高血圧・利尿薬・ホルモン剤 など)

 

※ミネラル不足・血行不良・冷えなどは病気から来てるかも!?
1週間に1回以上など頻繁に起きる場合は、原因となる疾患がないかの検査が必要です。
腎疾患・肝硬変・糖尿病・閉塞性動脈硬化症などの原因も考えられる為
足がつったきっかけで早期発見に繋がるかもしれません!

 

 

★もし、こむら返りが起きた際の対処法

 

ストレッチ
こむら返りは、ふくらはぎの腓腹筋(ひふくきん)が異常に収縮する事で起きます。
収縮してる状態ですと循環機能が停止しますので、まずはストレッチで戻していきます。

 

イラスト1

この時、自分の手でつま先をつかんで、すねの方に引き上げるというのもいいでしょう。

イラスト2

ゆっくりと元に戻します。

 

イラスト3

 

この動作を、痛みがなくなるまで続けます。

 

こむら返りの対処方法のコツ

 

単に「脚を伸ばす」のではなく、「アキレス腱を伸ばす」事に意識を集中させること!
このことで、確実にこむら返りを解消することができるでしょう。

 

 

★こむら返りになりにくくする為の予防法

 

①不足してる成分を補う(水分補給・塩分摂取)
日頃から水分補給やイワシやサバなどの魚
ひじき・わかめ・こんぶなどの海藻類を摂取してみて下さい。

 

 

②適度な運動(ウォーキング・運動前の準備体操)
血行が良くなり冷え予防にも繋がり急激な筋肉の収縮を防ぎます。

 

 

自ら対策するのが一番ですが、なかなか日課にするまでが大変かと思います(^。^;)

 

当院ではストレッチコースに加え原因に対した治療法もご用意してます!
患者様を全面的にサポート致しますのでお気軽にご相談ください!