肩こり ~パート2~

2017年04月14日

今週もやってきました!成竹鍼灸整骨院の石本です。

前回ご紹介した「肩こり」は自宅でも出来る

簡単エクササイズを中心にご紹介いたしました。

今回は東洋医学的目線から肩こりについてご紹介いたします。

 

~ 肩こりは瘀血(おけつ)が原因?? ~

東洋医学的に考えると、肩こりは血流の滞りである瘀血」(おけつ)があるため起こるとされています。

瘀血(おけつ)は「古血」「汚い血」とも言われる状態です。

血液の流れが悪くなることによって、血が部分的に滞りやすくなってしまうのです。

女性の場合、「瘀血」(おけつ)があると生理不順や、

生理痛などに悩まされることもあります。

 

~食事管理で瘀血(おけつ)を解消できる~

食事管理だけでこの瘀血(おけつ)が解消できます!

<瘀血(おけつ)を改善する食品>

茄子、青梗菜、ニラ、黒木耳、パセリ、紅花、紅麹、シナモン、酢。納豆、酒粕

などの発酵食品。 イワシ、サバなどの青魚。

 

食材を見てお分かりの通り、血液サラサラ効果のある食材ですね^^

 

~肩こりに効く主なツボ~

合谷(ごうこく)  合谷は手の甲の側、親指と人差し指の骨が交わる手前、

人差し指側にあります。肩こりや体全体の調子を整える万能ツボです。

反対の手の親指でちょっと痛みを感じるくらいの強さで押します。

DSCF0460[1]

百会(ひゃくえ)  頭のてっぺんにあるツボで、両手の中指を重ねてツボにあて、

強めに押します。頭痛、肩こり、鼻づまりなどに効果があります。

天柱(てんちゅう)  後頭部の髪の生え際で、首の後ろの太い筋肉の外側にあります。親指で頭を持ち上げるように押しましょう。蒸しタオルなどをあてて温めると血のめぐりが更によくなります。

DSCF0466[1]

肩井(けんせい)  首のつけ根と肩先までの真ん中あたり、背中側にあります。

ぐっと押したり、もみほぐしたりすると肩こりが楽になります。

DSCF0464[1]

 

 

痛みを我慢しての生活、、、

そんな生活とは鍼灸の力でサヨナラしましょう!

興味のある方はお気軽にご連絡ください^^