めまいの原因は?

2017年06月27日

今回のテーマはめまいです。

めまいとは?

私たちは普段、安定した足取りで日常生活を送ることができます。

これは耳の内耳にある前庭という部分が体のバランスをとる働きをしているからです。

g

しかし、内耳や前庭神経、あるいは中枢側に脳幹や小脳に異常があると

ふらついてバランスを保てなくなってしまいます。これを前庭性のめまいと呼びます。

他には、頸椎や循環器系の異常でめまいが起こる事があり、

こちらは非前庭性のめまいと呼ばれます。

なお、こうした、身体のどこかに異常がある事が原因によるめまいの他

疲労やストレス、生活習慣の乱れも、めまいを引き起こすきっかけとなります。

 

大きく分けて、回転性のめまい不動性あるいは動揺性のめまい

失神やたちくらみを伴うめまい、3種類があります。

 

thO4V1K16R

 

回転性めまい

天井がぐるぐる回るような感覚。

吐き気や嘔吐などの症状を伴います。 片側の内耳や前庭神経の病気が

原因になっていることが多く、脳幹や小脳などの中枢神経の病気

症状としても見られることがあります。

 

浮動性あるいは動揺性のめまい

ふわふわと宙に浮いているような感覚。

前庭神経の障害が両側に起こった場合や片側のみの障害でも比較的症状が軽い場合、

あるいは回転性のめまいの回復期に見られます。

また眼精疲労、肩こり、頭痛、いわゆるVDT症候群でもおこります。

 

立ちくらみ等を伴うめまい

目の前が急に暗くなったり気が遠くなったりするようなもの

ひどい場合には失神したり意識を失ったりすることもあります。

立ちくらみや脳貧血もこのめまいの1つです。

不整脈や低血圧などの心臓の病気や貧血が原因となっていることが多いです。

あ

 

『部位ごとにみためまいの原因と症状』 めまいが起きる原因を部位ごとに説明します。

 

耳の役割は、音を聞くことだけだと思っている方が多いですが、

耳にはもう1つ大きな役割があります。それは、体のバランスを保つことです。

耳の中にある内耳にはリンパ液で満たされる外リンパ腔と内リンパ腔があります。

この内リンパ腔にあるリンパ液が増えすぎるとめまいが生じます。

耳が原因でめまいが生じる場合には、耳鳴りや吐き気、

嘔吐といった症状も出現する事が多いです。

めまいの原因には脳によるものがあります。

脳卒中、てんかんなどの病気によりめまいが生じる事があります。

めまいの原因が、脳である場合には耳によるめまいと違い、

耳の聞こえにくさや耳鳴りの症状は現れません。  

脳が原因のめまいには、ものが二重に見えたり、体のしびれを感じたり、

体に力が入らないといった症状が現れる場合が多いのです。

また、めまいの程度も非常に激しくなります。

全身

めまいは、耳や脳などの特定の箇所に生じる病気だけが原因ではない場合があります。

全身性めまいといって、全身の身体的な問題が理由でもめまいがおきます。

全身性めまいの原因としては、高血圧、低血圧、発熱、貧血なです。

メンタル

身体の異常ではなく、メンタルが原因でもめまいが起きることもあります。

ストレスにより、自律神経が乱れて、めまいが起こるのです。

メンタルが原因でめまいが起きる場合には、倦怠感、頭痛、不眠、動悸、食欲不振

といったように様々な症状が併発します。 また、更年期になると、

めまいが起こる人もいます。閉経が近づいて、女性ホルモンが激減することで、

自律神経も乱れます。また加齢によって感覚器官の機能が低下で起こることもあります。

めまいの種類としては、浮動性めまいも回転性めまい、立ちくらみのめまいも起こります。

 

当院では耳針の治療を推進しております、よろしければ参考にしてください

 

【経穴名】……《眩暈点=めまいてん》

k